様々な親権問題

Permalink

結婚したときは愛し合っていた二人ですが、どうにもならない事情で離婚となることがあります。夫婦間はそれでいいのでしょうが、お子様がいる場合は話が変わってきます。親権問題です。子供にとっては両方とも親ですし、親にとっては子供は子供でかわいいものです。子供を引き取りたいと願いのは親として当然の感情でしょうし、子供としてみたら、どちらがいいなんで言えないでしょう。こういった場合、トラブルに発展するという事が多々あるのです。

どんなトラブルがあるかと言いますと、どちらが親権を持つかで親同士がもめる、夫(妻)が子供を実家に連れて行ってしまった、親権が夫(妻)でも子供と暮らしたい、離婚調停中だが、夫(妻)の元にいる子供に会いたい等、代表的なトラブルがあります。それぞれ、子供を愛するが故の感情のもつれですから、当事者同士ではどうにもならないものがあるのでしょう。

中にはこういった種類のトラブルで事件に発展してしまうといったことになりかねませんから、早めに弁護士等の第三者を立てて話し合い、解決した方が良いでしょう。一番傷ついているのは子供ですから、その傷を広げてはいけません。早めの解決を試みましょう。こういった諸々の問題は親権問題専門の弁護士に相談するとこじれないで済む可能性大です。